シャルリーエブド。 パリ新聞社襲撃は自業自得 身勝手なフランス人の「自由の論理」

「シャルリー・エブド」襲撃事件の炙り出したもの――移民問題と選民意識

シャルリーエブド

犯人 [ ] 犯人は系でパリ10区出身のの兄弟。

事件の背景にある移民問題 犠牲者追悼デモは超党派で行われ、野党UMP(国民運動連合)党首のサルコジ首相なども参加したが、党首でありながら一人だけ招待されなかった人物がいる。

仏シャルリーエブド旧本社前で2人刺され1人重傷 15年のテロ事件現場

シャルリーエブド

私たちは民主主義社会に生きている。

3
警察では1月8日の朝に、まだ逮捕されていない兄弟の写真を公開し、目撃証言を呼びかけるとともに、この2人について「武装し、危険」と表現。 表現の自由が保障され、さらにインターネットの普及により、確かに個々人が情報を発信する機会は、これまでになく増加しました。

パリ新聞社襲撃は自業自得 身勝手なフランス人の「自由の論理」

シャルリーエブド

炎上商法というやつである。 翌21日には東部で、男が「アッラーフ・アクバル」と叫びながら車で通行人に突っ込み、13人が負傷した。

では一般的なフランス人は表現の自由をどのように捉えているのか。 新聞社「シャルリー・エブド」が実際に書いていた記事を挙げてみよう。

シャルリー・エブド襲撃事件

シャルリーエブド

我々は風刺が好きで集まった仲間だ。 宗教は政治的な争点となるべきではありません」などと反論した。 1月8日 9時00分 - モンルージュで女性警官1名が撃たれて死亡、市職員も負傷。

10
議員のほぼ全員が一斉に立ち上がって拍手喝采した。

フランスの教育現場で進む萎縮とは?カトリック、イスラム…教育と宗教のはざまで

シャルリーエブド

イギリスでは主要5紙のうち、ガーディアン、、の3紙が紙面に『シャルリー・エブド』最新号の表紙を掲載した。 」としつつ、「今、フランスで発言すれば、「テロリストにくみする」と受けとめられ、袋だたきに遭うだろう。 過去50年で最悪と言われるテロに見舞われたパリを訪ね、関係者に話を聞いた。

編集会議の話題の中心は、『シャルリー』最新号の表紙を飾っている人気作家の小説『服従』だった。 一方、保守派のフィガロは転載を見送った。

シャルリー・エブド

シャルリーエブド

同じく1月、を受けてアイラン・クルディ ()が成長していれば痴漢になっていたという風刺画を掲載して人種差別的だという批判を浴びた。 1月9日 17時00分 - 印刷会社に立てこもっていた容疑者が脱出を図り、国家憲兵隊のに射殺されたことから、スーパーマーケットにも国家警察のおよびのが強行突入し、容疑者を射殺。 なぜなら、自分と他人は違うから、違う者同士が互いの自由を主張すると、争いになって自由でなくなる。

12
だがその一方で、ローマ法王が「表現の自由には限度がある」と表明する等、報道・表現の自由どこまで認められるべきなのかという論争が巻き起こった。

「表現の自由」が度を越していると思わない?フランス人に聞いてみた

シャルリーエブド

また、8日夜には、銃撃された新聞社のある路地に、犠牲者に対して花を手向ける人が相次いだが、集まった人は、ろうそくをともして、静かに犠牲者をしのんでいた。 彼はフランス国民にいかなる「団結」を呼びかけているのか? イスラーム教を侮辱し、ムスリムを傷つけ、それに対するムスリムの抗議を排斥するための「団結」なのだろうか? かつて物議を醸した、ムハンマド(マホメット)をテロリストに例えたデンマークの諷刺画事件もそうだったが、欧州ではイスラーモフォビアが「表現の自由」「言論の自由」の名のもとに擁護され野放しにされる傾向が日増しに強まっているばかりか、イスラーモフォビアを公然と掲げる右翼政党が議会で大きく躍進する例すら増えている。

3
歴史の先生曰く(今から20年以上前、よりずっと前である)• 問題の漫画の一つは、損壊した原発の前の土俵で3本の腕や脚がある力士が向かい合い、その横でスポーツ解説者が「すごい、福島のおかげで相撲がオリンピック競技になった」とコメントしているもの。

シャルリー・エブド襲撃事件とは

シャルリーエブド

」というスローガンを使うようになり、後にに受け継がれた。

7
ウエルベックも、警察に保護される前にこの言葉を声明として発表している。 この編集会議中に自動小銃を持った男らが乱入、編集長・風刺画家・コラムニストの、風刺画家の、、および、経済学者・コラムニストの、精神分析医・コラムニストの、校正担当者のムスタファ・ウラド、警察官のフランク・ブリンソラロおよびアフメド・ムラベ、ビルメンテナンス員のフレデリック・ボワソー、ジャーナリスト・旅行記作家のミシェル・ルノーの計12人が死亡し、約20人が負傷した。